昨今は空前のSNSブームで猫も杓子もSNSでの情報発信で一日に何百通という情報が次から次と流れていきます。情報を追いかけるだけでもめまぐるしくて、とても追いついていけないと悲鳴をあげる人も少なからずいます。個人レベルでの情報発信も多いのですが企業レベルでの広告発信も増えています。その大半は動画です。

かつて商品紹介と言えばテレビコマーシャルが主流でしたし、パソコンもスマホもやりませんという人でもテレビは見るという人は多いのです。スマホは若者を中心に飽和状態ですが、主流はゲームや音楽配信あるいは趣味の写真画像の紹介などですから、さらに世代を超えて多くの人にアピールをしたい場合は、やはりSNSの投稿が一番効果的です

その中で注目を集めているのが広告動画です。自動車メーカーや生命保険会社主体のもの、宗教、音楽事務所など世界中から多種多様な業界が参入しています。明らかに俳優を使っての超本格的なものである事は明らかであり、交通事故関連のものはおそらく警察関係での交通安全啓蒙でしょうが、衝撃シーンをみごとにとらえていて、閲覧している者の心にずしーんと響いてきます。

個人レベルでの自主動画制作ではここまで迫力あるシーンが撮影できないのではないでしょうか。通常のコマーシャルを制作するよりもはるかに低コストで自社製品を紹介する動画制作を作れるとあって、多くの企業が動画制作会社をうまく活用しながら、業績へとつなげる試みが進んでいます。制作にあたるのは一流の動画クリエイターたちですから、想像以上に高品質な動画制作ができる事で定評もあります。

Published by 運営者